読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百合の散歩道

一介の百合好きによるレビューブログ。

ガールズ&パンツァー(2012)

 全12話、OVA1本、映画1本。

 オリジナルアニメ。監督は水島努、制作はアクタス

 徹頭徹尾、迫力ある戦車戦を楽しむための作品である。散りばめられた美少女キャラクターはオタクを釣り上げるための入口、実力者に率いられた弱小校が強豪校を打ち破るという王道ストーリーは分かりやすくカタルシスを与えるための道具立てに過ぎない。作り手の「これがやりたい」「これを見せたい」という熱意を全面に押し出しているからこそ、これでもかと繰り出される戦闘描写に心躍り、ぐいぐいと引き込まれる。特に劇場版は尺の4分の3が戦車戦で占められ、凄まじく純度と密度の高いエンターテインメントに仕上がっている。

 そういうわけで、百合成分はほぼ皆無。心情や関係性は大して掘り下げられず、盛り上げるための要素の一つとして扱われている。一応、劇場版ではみほとまほの姉妹百合、麻子とそど子の遣り取り等が補完されているし、仲間の犠牲に救われ独りで戦おうと力んでいたカチューシャと、急造チームでチームワークなど取れるかと鼻で笑っていたエリカが、見事な連係プレーで敵戦車を撃破した場面にはいたく感動させられた。ただ、いずれも人間的成長という側面が強調されており、百合として萌えるだけの関係性を築けているかは疑問。同人の燃料としては使えるという程度だろうか。個人的にガチだと思えたのは、みほしか目に入っていないまほを見てしょんぼりと項垂れるエリカくらいで、やはり逆方向の矢印が弱いのが如何ともし難いところだ。

 百合の有無はさて置くとしても、娯楽作品として非常に優秀かつ濃密であることは確かだ。立川シネマシティの極上爆音上映や4DX上映といった、映画館に足を運ぶことに価値を生み出す売り方も本作の強みを上手く活かしていた。「ガルパンはいいぞ」と言わざるを得ない。

[百合の分類](4,5)-SC