読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百合の散歩道

一介の百合好きによるレビューブログ。

魔法少女まどか☆マギカ(2011)

アニメ 匂い百合(3-6)

 全12話、総集編映画2本、続編映画1本。

 原作なしのオリジナルアニメ。監督は新房昭之、制作はシャフト。

 蒼樹うめの可愛らしいキャラクター原案と虚淵玄のシリアスかつハードな脚本とのギャップで話題を集めた。「魔法少女もの」のお約束を打ち破り、既成概念を破壊するという構造は『新世紀エヴァンゲリオン』と類似している。

 

 論評の前に、見田宗介大澤真幸による戦後精神史の区分を用いて、アニメ史を簡単に概観してみよう。「大きな物語」が機能していた「理想の時代」、それが失効し代替としての虚構が支配した「虚構の時代」が終焉したことで、『エヴァ』以降のセカイ系が台頭した。近景と遠景を直結させることで、身近な個人の実存の問題を扱いつつも壮大な物語を構築し、物語ることの説得力を担保した一方、どこまでも深く内面へ潜ってゆく引きこもり的な心性も生み出された。その反動として出てきたのが、とにかく行動しろ生き残れという決断主義であり、いやいっそどこまでも近景に埋没して現実逃避しようぜという日常系であった。いずれも物語性を無視・放棄することで物語ろうと試みたのだ。そして本作は、現実なんてそう甘いもんじゃない、どんなに頑張っても祈りは呪いを生み希望は絶望になるんだという容赦ない世界観によって、決断主義も日常系も一刀両断し全てを振り出しに戻した感がある。

 『まどか』の新しさは、セカイ系的な様相を纏いつつも実は全く異なる想像力を提示した点にあると思う。確かに、まどか魔女化という地球の危機は存在したが、インキュベーターの宇宙規模の視点で見れば大したことではない。また、ほむらの積み重ねた時間が結果的にまどかの祈りに力を与え世界改変へと至らしめたのだが、まどかに出来たことは世界を救うのではなく、世界システムを僅かに改善することだけだ。主人公とヒロインの関係性は、もはやセカイを左右するほどの大きなものではなく、何とか頑張って世界が少しでも好い方へ向かうように努力することくらいしか出来ない小さなものに過ぎない。個人とセカイの二項対立から脱却し、個人は巨大なシステムの内部に存在し一部として働き掛けるしかないという世界観も、現代グローバル社会に対応したものとなっている。

 また特筆すべきは、物語を失った現代において、いかに物語性を回復せんとしているかだ。まどかは、地域や時代を越えた全人類の救済という「大きな物語」によって、身近な魔法少女の希望を絶望で終わらせないという「小さな物語」を叶えた。これは、近景が遠景を呑み込むセカイ系のように見えて、遠景を改革することで連続的に近景の問題も解決してしまおうとするという逆転の発想である。セカイ系のメタと言われる所以である。肥大化した自意識の不安ではなく、普遍的な希望を叶えようとする願いによって世界を革命したことで、本作は公共的価値のある物語として成立することができた。だからこそ、どんなに残酷な世界でも希望を信じ抜き変えてみせるというまどかの決意表明は、これ程までにわたしたちの胸を強く打つのである。

 

 そして、続編である劇場版『[新編]叛逆の物語』によって、再び物語は裏返される。ほむらはまどかの実存的幸福を取り戻すために、まどかが普遍的希望によって作り出した世界を破壊した。ここに至って公と私という対立軸が再び蘇る。しかし、ほむらは単に己の欲望のまま行動したわけでなく、ひたすら一人の人間としてのまどかの幸せを守ろうとしているのだ。欲望と秩序の対立、個人の権利と公共の福祉の衝突を見せつけられ、TVシリーズでまどかの自己犠牲に賛辞を送った全員が何とも言えぬ後味の悪さの中に放り込まれる。

 なおかつ、ほむらが世界を書き替えてインキュベーターを支配下に置いたことで円環の理が乗っ取られるのを未然に防げたのだし、さやかやなぎさも生き返ることが出来た。世界は滅亡するどころか、むしろ好い方へ向かったのだ。それなのに、ほむらは「悪魔」として孤独に佇まざるを得ない。これまで近景に埋没し中景から目を逸らし遠景を呑み込むことを単純に「悪」と切り捨ててきたセカイ系批判に対し、真っ向から批判を返した形だ。ただ、「じゃあ結局どうすればいいのか」という結論は出されていない。願わくば、ここから更に一歩先へ行く想像力を、『まどか』の続編で見てみたいものである。今後の展開に期待したい。

 

 さて、肝心の百合だが、友愛の延長線上にある描写が散見する程度だろうか。TVシリーズにおけるほむまど・杏さや的要素が二次創作で強化され、『叛逆』に逆輸入され公式CPとして定着したという流れは興味深い。だがそれだけの話だとも言える。わたし自身は関係性の移り変わりや心理的な駆け引きを楽しむ派なので、そうした恋愛物語もそこそこに公式CPを作られるとちと興醒めする。百合成分は二次創作で摂取すれば充分かな、という感じ。 

 いずれにせよ、傑作であることに変わりはない。観て損はない神アニメだ。

[百合の分類]4-C,S